蕁麻疹/一般皮膚科

HOME > 一般皮膚科 > 蕁麻疹

蕁麻疹

蕁麻疹について

蕁麻疹

蕁麻疹は突然に激しいかゆみのある、赤く盛り上がる発疹が出現し、
全身に拡大し、数時間で跡形無く消える病気です。
多くは数日で出なくなりますが、治療をしなかったり、
体を休めないことにより長期化することがあります。

よく患者様は、どの食べ物が原因でしょうか?と聞かれるのですが、食べ物が原因であることは少なく、 多くが全身の体調不良(風邪、寝不足、ストレス)などで生じるものです。

この病気の本質は、血管内にあるため、外用剤ではなく内服薬による治療が必要です。 治療期間は5-7日間が多いのですが、一度蕁麻疹が出た後に、 数ヶ月から数年にわたり続くこともあり、症状の出始めにしっかりと治療することが重要です。

治療方針は原因のあるものは、それを避けること。
そして、抗アレルギー薬、抗ヒスタミン薬の内服。体温が上昇することを避けることが必要です。

このページのトップへ