皮膚腫瘍/一般皮膚科

HOME > 一般皮膚科 > 皮膚腫瘍

皮膚腫瘍

皮膚腫瘍について

腫瘍と聞くと癌をイメージされる方が多いのですが、ほくろも色を作る細胞の腫瘍であり、特に悪いものではありません。皮膚の腫瘍では、ほくろ(母斑細胞母斑)を代表とし、様々な腫瘍があります。当クリニックで行える手術には限界があるのですが、臨床的に(見た目から)考えられる病名、さらに、その腫瘍をどのように手術をすれば傷が目立ちにくくなるか、などを十分に説明をした上で、当クリニックで行うか、他の総合病院や大学病院へ紹介するかを決めています 2005年7月現在、当クリニック院長は、東京女子医大の外来手術チーフとして、大学病院での日帰り手術を担当しています。

このページのトップへ